ピアノとダンスとろうけつ染めのコンサート、無事終了いたしました!

神戸六甲ろうけつ染め作家の松本みのぶです。

11月25日(土)、アートスペースさくらみにてピアノとダンスとろうけつ染めのコンサートを開催いたしました

今回のテーマは「スタッカート」。

 

第一部は重松さんの圧巻のソロから始まりました。

 

今回はご自身の曲をベースにした即興演奏を約25分。

会場は、一気に重松さんの色に染まりました!

 

休憩を15分挟んで、第二部の「ピアノとダンスとろうけつ染め」のコラボです。

今回のテーマは『スタッカート』。

第二部は、無音の状態での、私のロウの文字書きから。

今回は、2m×1mの布を張ったキャンバスをなんと2面用意していたのです。

開場前に、下塗りまで準備していたのですが、「時間配分は果たして大丈夫なのだろうか」と不安がよぎっていました。

いよいよ開始です~!

今回は、「スタッカート」に関する昔の評論を引用したものと、「スタッカート」が詠まれている近現代の短歌を書くということで、

お客さんが詠みやすい文字を心がけようと書き始めました。

背中にお客様の視線・・・そして沈黙・・・

 

2面目からは、短歌のイメージに合わせて、重松さんが即興で音を合わせてくださいます。

 

2面目を書き終わり、フラヌールと交代!

静から動への転換です!

フラヌールが縦横無尽に舞い!

今回は「躍動感に満ちた『舞』」って感じでした!

またフラヌールと交代して、今度は彩色の始まり始まり~

重松さんの即興演奏とともに。

 

そしてフラヌールも加わり、三者の融合する時間。

 

 

フラヌールが加わってから3回目ですが、回を重ねるごとに、一緒に作品を作ってるという感じが増している気がします。

どんどん広がってるって感じが、演者である私たちだけでなく、お客様の感想からも伺えてとても嬉しいです。

コンサートはここでクライマックス~!って感じだったのですが、

 

お客様にも楽しんでいただきたくて、今回は2面目をお客様と一緒に染めようという時間を作ってみました。

実は裏手にいたので、舞台の様子はわからなかったのですが、フラヌールも「お客様に参加していただく~」って言っていたので、

今年はより客席との距離が近い舞台になったかもです。

彩色は染料を刷毛で刷り込んでいただくので、

なるべく黒い色の服の方を選ばせていただきました。汚れてはいけませんので(笑)

 

みなさんに協力していただいて、

とってもリズミカルな作品になりました!

 

出たり入ったり、ソロ、二組、三組と組み合わせが変わったり、と目まぐるしく複雑でしたが、

後半1時間半、長さを感じなかったという感想を後でいただき、

みなさん集中して観てくださったんだなーと、本当に感謝です。

また、来年も新しいことにトライしていきたいと思っております。

お忙しい中、お越しくださった皆様、ありがとうございました!

また、残念ながら、ご都合が悪く来場していただけなかったお客様も、来年またぜひぜひよろしくお願いいたします。

 

今までのライブについてはこちらをご覧くださいマセ↓

http://minobu-m.com/2017/11/22/live2017/

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP