親子でろうけつ染めの体験されました!

神戸六甲ろうけつ染め作家の松本みのぶです。

7月27日の体験教室に、幼稚園の年長さんの女の子とお母さんが申し込んでくださいました。

最初、「何が描きたい?」って女の子に尋ねたら、

「ハート、星、クマさん!」

と、元気な答えが返ってきました。

 

まず、「おふでに色をつけて、いろんな色をいっぱいつけてみようか~(^^)/」

ということで、

ドットをいっぱい染めてもらいました。

染めているうちに、ノッて来られたのか、

「色を混ぜてもいい?」(なんてすばらしい自発性!)

 

そんなわけで、いろんな色を混ぜたり、一度染めたドットの上に重ねたりしながら、

なかなか華やかな色合いになってきました。

 

 

 

色をいっぱいつけているうちに、彼女は当初のテーマに気づいたらしく(笑)

「ハートマークとクマさんはどうなったの?」

となかなかお利口な質問。(よく覚えてる!)

 

「じゃあ、今から自由にこのおふでで、ハートマークとかクマさんとか、なんでも好きなもの描いてみようか」

と言うと

彼女は、勢いよく大胆にいろんなものを描き始めました。

※(この部分、お母さんとともに熱いロウに注意していたので画像がアリマセン(^^;))

 

「楽しい?」

って聞くと、

「色が付かないー!(>_<)」

と不満そう。

 

「それは、後のお楽しみだよ~」

と言いつつ、赤が好きだという彼女のリクエストにお応えして、真っ赤の染料を用意しました。

 

「塗ってみる?」

と私が言うや否や、ごしごしと刷毛で塗り始める彼女。

自分で描いた、クマさんや☆や♡が浮き出てくるのに夢中になってくれたようです。

 

 

大人にはまねできない、子供の絵の自由さに感服。

生き生きとした作品が完成しました!

 

お母さんは、バラの図案に挑戦。

初めてのろうけつ染めに、今まで体験された方同様、手順に戸惑っておられましたが、

バラの花びらをすごく上手に染められましたよ。

 

最後の色を入れられるぐらいで、

「そういうことなんですねー!」

と、手順をばっちり理解されたようで、

「もう一度トライします! 今度はちゃんと、こんな風にしたい!ってもっと言えそう。」

と再度チャレンジされるとのこと(^^)

「お稽古バッグとかも染められますよねー」って、いろんなイメージが膨らんでいらっしゃる模様。私もお手伝いしたいです~

おしゃれな感じの紫色でまとめられました。

紫色の部分にもピンクとブルーで濃淡をつけてみました。

ロウを落として仕上がったものを、お二人に手渡できるのが楽しみです♪

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP