ユリをモチーフにしたろうけつ染めクラッチバッグ。喜んでいただけました!

神戸六甲ろうけつ染め作家の松本みのぶです。

先日、ご注文いただいたクラッチバッグが仕上がり、お届けしたのですが、

そのクラッチバッグを持って、さくらみに来てくださいました。

とっても気に入ってくださっていて、嬉しいです♡

 

どんなふうに染めていくかと言いますと、

まず、模造紙などの別紙に描いた図案を布にトレースします。

これは麻の布なので、最後の水洗の時にしっかり洗えるので、表面に8Bの鉛筆で濃くトレースできます。

(シルクなどは、鉛筆の跡が消えないので、裏面にトレースします。)

 

花芯のあたりをグレーでぼかしてから、一番白い花びらにロウを置いていきます。

この時、面が重ならない花びらを選んで、ロウを置きます。

 

それを繰り返し、白い花びら部分のロウを置いていきます。

 

 

花びら部分にロウを置けたら、花芯の黄色い部分、花粉の赤、グレーの葉っぱの部分に色を入れていきます。

右側は、葉っぱが濃い黒になるので、まずバックの色となるオレンジを染めます。

まず、水刷毛(染料をつけずに水だけをつけて刷毛で刷きます)をした後に、それぞれの部分に刷毛で色を刷り込みます。

オレンジ部分は、全面オレンジなので水刷毛をする必要はありません。乾いた状態から直接オレンジ色の染料を履いていきます。

 

染料が乾いたら、グレーの葉っぱの部分、花芯・花粉の部分、それに左面のオレンジの部分にロウを置きます。

左側の濃紺、右側の濃い黒の葉っぱを染料を溶き、刷毛で刷いていきます。

 

これでロウを置く作業は終わりです。

これは、レマゾール染料で染めたので、ロウを落とした後、強アルカリのフィキサーを塗って30分おき、水洗→熱湯洗い→ソーピングと染料を定着させる作業をします。

乾かしてアイロンをかけたものがこちら。

ロウを塗った状態と、完成した色が違うのがお分かりいただけるかと。

ずいぶん明るくなります。

 

私は、裁縫が全くといってダメなので(>_<)

京都の御池新町にある『風蝶庵』さんでいつもお世話になっております。

綺麗に仕立てていただいたのがこちらです。

広げると、

折って内側になる部分がこちら。

裏地とかファスナーは「ノムラテーラー」で揃えました(^^)

 

私も同じ色目で同じ図案のクラッチバッグ作ったんですよ。

A4サイズの書類が入るような大きさで作ったんですけど、ガサツな私はいっぱい詰め込んでしまいがちです(^^;

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP