ろうけつ染めで「地紋おこし」、生徒さんも挑戦されました!

神戸六甲ろうけつ染め作家の松本みのぶです。

先日、「地紋おこし」の技法について、このブログで説明させていただきました。

http://minobu-m.com/2017/06/16/jimonokoshi/

 

生徒さんも興味を持たれ、挑戦されました。

 

シルクのチューリップの地紋のスカーフを、まず黄色で全体をむらなく染めます。

しっかり乾いたら、黄色で残したいところにロウを置いていきます。

 

 

最終的に黄色になる予定のところに、全部ロウを置き終わったら、

次に、オレンジ色の染料を刷毛で刷いていきます。

また乾いたら、オレンジ色で残したいところにロウを置きます。

もともとの地紋通りにロウを置けるので、とても簡単。

 

 

今度は、緑色の葉っぱの部分に染料を刷毛で刷きます。

作業はさくさくはかどっております!

 

 

花びらの濃い色の部分にも、刷毛で色を加えます。

どうやら、赤いチューリップになる模様です。

 

 

乾いたら、花びらの濃淡をつけるため、濃くしたいところ以外の部分にロウを置き、

それ以外のところ(=濃くしたいと思ってロウをまだ置いていないところ)に赤の染料を重ねていきます。

花びらに濃淡があると、より立体的に見えますね。

 

 

完成です!!

 

 

ロウを落とし、蒸しをかけるとこんな綺麗な色合いに。

 

 

首回りがとても明るく見える、使いやすいスカーフに仕上がりました。

右側は、同じく「地紋おこし」でほかの生徒さんが染められた作品です(^^)

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP