ろうけつ染め×デザイン書道 鍼灸院のウエルカムボード

神戸六甲ろうけつ染め作家の松本みのぶです。

友人が、元町に女性専用の鍼灸院をオープンしたので、

その時、鍼灸院のお玄関に置くウエルカムボードを注文してくれました。

鍼灸院の名前は「はないろ鍼灸院」。とってもキュートなネーミングですよね。

「はないろ」って、現代人の私たちは、ピンク系の色をイメージしてしまいがちですが、

実は、日本の代表的な伝統色。結構強い目の青色なんです。

「はないろ」の色名は、もともと鴨頭草(つきくさ=露草の古名)の花の青い汁で摺り初めしたことに由来するようです。

江戸時代、花色は裏地の色としても一般的で、古典落語の演目にも『花色木綿』(『出来心』というタイトルで紹介されることもあります!)というお噺があるほどです。

確か、「・・・裏は花色木綿です」というサゲだったかと(笑)

青色が好きな彼女は、「はないろ」という名の可愛らしさが気に入ったのと、「それぐらいカジュアルな感じで、皆さんに親しんでもらいたい」という思いで、鍼灸院の名前をつけたそうです。

出来るだけ、背景の青を伝統色「はないろ」に近づけ、文字はターコイス系の薄いブルーと薄いピンクでニュアンスを加えてみました。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP