ろうけつ染めとは

ろうけつ染めとは、熱したロウを布に塗布することによってマスキング(→その部分は染まりません)し、それ以外の場所に染料を刷り込むという作業を何度も繰り返し、図柄を表現していく技法です。

     

 

中国では2、3世紀ごろにはもうこの技法が存在していたとみられますが、日本でも天平時代から着物の染色に使われていたと言われています。

インドネシアやマレーシアの「バティック」と呼ばれるものも、この技法によりますが、溶かしたロウを筆で塗布するのは日本独自の手法だとのことです。

着物や帯以外にも、スカーフやハンカチ、Tシャツ、ランチョンマットやカバン、ヘアアクセサリーなど、日常的にまとっていただけるもの、使っていただけるものを手軽に染めることが出来ます。
インテリアとして、タペストリーにしてみたり額装して玄関に飾ってみたり、「布」の可能性は無限大です。

 

さらに、この技法を使って、文字をデザインしてみようというのが、「ろうけつ染めアート書道」です。

文字をデザインする感覚で。でも書道の基本はちゃんとおさえながら、文字を色彩的に楽しむことができます。
完成した作品は、図案の作品と同様、身にまとったり使ったり、玄関に飾ったり、いろんな用途に楽しむことが出来ます。

PAGE TOP